ブログ

築44年一棟まるごと断熱リフォームの現場見学会を開催:芦別市

2024.06.21

こんにちは。
雨が多くなるこの時期は、朝晩の寒暖差も大きいです。
体調に気をつけて元気にお過ごしください。

さて、前回のブログでは一棟まるごと断熱リフォームの現場で施工前~解体の様子をご紹介いたしました。

また、下記、一棟まるごと断熱リフォームのメリットについてもお話させていただきました。

・住み慣れた今のお住まいを高性能住宅化できる
・新築と比べ数百万単位で費用をおさえることができる

 前回ブログ:【築44年のスーパーウォール工法の一棟まるごと断熱リフォーム:芦別市

続いて、芦別市の現場で現場見学会とリフォーム相談会を開催いたしましたので、その時の様子についてご報告いたします。

芦別の現場見学会とリフォーム相談会

基礎工事が無事終わり、現場見学会とリフォーム相談会を開催いたしました。

ダルパの旗を目印に、来場される方をお迎えします。
また、芦別市では初の開催となりますので、スタッフも少し緊張しながらのスタートになりました。


来場のお客様は、お散歩中に気になって立ち寄ってくださった方を始め、遠方の方もお越しくださり、建物をまるごとリフォームすることに興味を持っていただいた方が多いように感じました。

そして、
「まるごとリフォームだと、総額いくらでリフォームできるの?」
「予算3,000万でフルリノベーションってできるの?」
と、やはり費用の部分が一番の関心どころのようです。

建物の築年数や状況、間取りによっても変わってきますので、まるごとリフォームは興味あるけど、費用面が心配・・・という方は是非一度弊社までお問い合わせください。
補助金を使ったお得なリフォームもご提案させていただきます。

高断熱住宅を叶えるスーパーウォール工法

断熱改修工事に特化した今回のリフォーム。
普段は見ることのできない構造部分や高断熱を実現するウレタン断熱パネルを実際に目で見ていただき、現場見学会にご来場いただいた皆様には楽しんでいただけたのではないでしょうか?

▼壁・天井・床・開口部のまるごとリフォーム

出典:LIXIL まるごと断熱リフォーム 工法紹介

▼専用の断熱材



硬質ウレタンフォームを使用した断熱材です。
断熱性能は、発砲スチロール系断熱材の約2倍の性能があります。
外張り断熱により、外気温の影響を最小限に抑え、高い断熱性能を発揮します。
さらに、湿気を通しにくく、断熱材内部の結露の発生を抑えてくれます。

また、天井と床の断熱は、状況に応じてブローイング、ウレタン吹き付け、スーパーウォールウレタンボードを適切に使い分け、断熱性能を十分に発揮するよう施工していきます。

スーパーウォール工法の一棟まるごと断熱リフォームはこんな方におすすめ

現場見学会とリフォーム相談会を開催させていただき、お客様の関心事の一番は費用だということがはっきりと分かりました。

新築で建てる場合、まずは土地の選定から始まり、細かな打ち合わせを経てやっと着工。
工事中も色々と確認事項をクリアし、お家が建ったらやっと引き渡しという流れが基本ですよね。
全てが一からの工程になるため、時間はもちろんのこと、費用も大きなものになります。

一方、リフォームをご選択いただいた場合は、既にある構造部分を活かして工事するため、数百万単位で費用をおさえることができます。
また、建替えの場合と比べても、解体や廃棄などが少なく済むので、CO2の削減にもつながります。

それ以外にも、立地が気に入って購入した中古住宅をリフォームすることで、性能面でも満足のいくお家を手に入れることができます。

「新築よりも費用を抑えて高性能なお家に住みたい」
「工事段階から環境に優しいお家になるならそれはそれで嬉しい」

少しでも当てはまる方がいらっしゃいましたら、高気密・高断熱のお家が得意なダルパまでお気軽にお問い合わせください。